さあオリンピックだ!!

2016/08/08 Mon 19:06

 今日の朝刊のトップには金メダル第一号の萩野選手のガッツポーズのカラー写真が載っていた。金・銀・銅メダルをもらえるのは頂上の三人だけである。この四年間をメダル目指してだれも死に物狂いで鍛えに鍛え抜いてきた面々である。
そして一瞬にして勝負は決まってしまうのである。どれだけ悔し涙を流す人々がいるだろうか。誰も彼も一流の選手である。参加することに意義があるなんて、上っ面は微笑んでいても心の奥底ではメダルを狙っているのだろうから。
マスコミもメダルの数の予想を声を大にして、選手たちを送り出す。でも結果は中々思い通りにはゆかないものである。メダルをぶら下げて帰ってきた選手にはマスコミが殺到する。思うような結果が出せなくて帰ってきた選手はその陰に隠れてひっそりと帰路につくそうである。予選に出れなくても我々日本国民の代表である。もっと暖かく迎えてあげて欲しいものである。
オリンピックは開幕したばかりである。どうか一人一人に光を当ててほしいものである・・・。
スポンサーサイト
徒然日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

住めば都・・・

2016/08/05 Fri 18:55

この一週間は夏風邪でダウンして久しぶりで病院へ駆け込んだ。風邪で病院なんて何十年ぶりであろう。大抵店の棚から適当に薬を選んで一度飲めばもうすっかり元気印だ。薬など飲まなくても大抵は休養と気合で治していた。
でも今回は熱もあるし、咳も痰もひどいからもし肺炎にでも移行したら死ぬかもしれないと思って新薬に頼ったのだ。まあ声の出ない日が三日ほど続いたが、一週間目の今日は何とかいつも通りの生活だ。
それにしても体力はモチロン、免疫力も随分と落ちたものだ。幸い今住んでいる所には、歩いて行ける範囲内に内科医、歯医者、外科産婦人科、と開業医がいる。自転車にでも乗れば眼科も耳鼻咽喉も不自由しないのだ。どの先生もご自分の手におえなければ即大きな病院へ紹介状を書いて下さるから安心な地区ではある。山の中に住んでいる友達は、下までタクシーで降りてくるだけで3000円もかかると言っていた。夏は涼しく景色もいいので運転できる若い世代の人はいいだろうが、年をとるとまず病院が近くにないといけない。そして今はコンビニが二店舗も出来ているから、コンビニ大好き人間の自分には生活していく上では不自由はない。それに何より助かるのは最近綺麗に建て替えられた消防署が近くにあることだ。連絡すれば五分も掛からないで飛んできてくれるんだから・・・。昔は年を取れば街中がいいと思っていたが、この場所は最高の場所かも・・・。新幹線なんか通らなくても良いけど・・・。
徒然日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

楽しい夏休み

2016/07/20 Wed 16:51

 梅雨も明け子供達にとっては楽しい夏休みがやってきた。昼食を終え一休みしていると、賑やかな声が響いてきた。覗いてみると子供たちが先生に連れられての集団下校だ。終業式を終えどの子の顔も輝いている。
しかし時計を見ると一時をまわっている。今日は式のみで何時も午前中に終わっていたはずだが・・・。友達にその旨言うと今は終業式といえども、ちゃんと給食が出るそうな。これも子育て支援の一つなんだろうか。
我が子の時は、休みの前後は給食などストップだったと思うけど・・・。それに最近は教室に冷暖房が入っているので快適な授業を受けることが出来るんだ。ホントに良い時代だ。
いつも自分の時との比較になるけど、当時の木造校舎は寒かったなあ。窓際に大きなクスノキがそびえていたから余計に陰になって寒いのだ。あのクスノキは校歌にも歌われていたから、随分年代ものだったようだ。反対に夏は気温も30度を超えることは余りなかったから猛暑なんて言葉もなかった。はてさてどちらの時代が良かったかなあ。この歳ではもう今の時代のスピードにはついて行けないし、昔を懐かしむようになったら年を取った証拠らしい・・・。でも夏休みが楽しいのは昔も今も一緒だろうな。
徒然日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

綺麗好き

2016/07/12 Tue 20:34

 ご主人の13回忌を今年迎えると言う知人宅へ初めて招かれて行ってきた。彼女の友達が偶然私の知っている人だったので三人で何度かお喋りをしている内に親しくなったのだ。家も割合近くなので自転車で行った。
入居してから15年程というその家は、よく手入れされておりピカピカだ。庭も我が家とは大違いで雑草一本ない。40才を過ぎたキャリアウーマンの娘さんと二人暮らしなので、どの部屋もきれいに掃除が行き届いている。窓もピカピカ。クーラーの良く効いたリビングでコーヒーと持参した有名どころのケーキを頂く。二人共通の友達が言うには、彼女の綺麗好きは年を取って時間が余るに従ってどんどんエスカレートしていったらしい。台所も新品かと思うくらい磨きこまれていたから、もう掃除が趣味にまで高揚していったのだろう。とても蜘蛛の巣がぶら下がっている我が家なんかにはお招き出来ない。
余りにきちんと片付いている所には居ずらいという人もいるけれど、私にとっては非常に居心地の良い数時間であった。十分にお喋りを堪能して我が家に帰ってきたらグリーン地帯の細長い庭が目に飛び込んできた。オオバコの張り付いた隙間からは丈の長い青々とした太い草が勢いよく伸びている。溜息をつきながら部屋に入ると小さな蜘蛛が眼の前にするすると降りてきた。これも家族の一員だわなと自分に言い聞かせて椅子に座り込む。
徒然日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

物忘れ

2016/07/06 Wed 18:39

 少し離れた所に1人で住んでいる友達にホームセンターでの買い物を頼まれた。大型店でないと売っていないので行く機会があればとのことだったが、やっと昨日友達の車で行ってきたので早速届けにいった。自転車で5分程の所に住んでいる。
もう話し好きの人だから、早速上がり込む。冷えたお茶と、きれいにカットされた桃が冷蔵庫から出てきた。あれこれ話すうちに戦後から如何に便利な世の中になったことか・・・。これを話題にすると延々と話は尽きない。そして生涯に二度目のオリンピック、来年64年振りに開催される松山での国体、これも二度目だ。あと数年はまだ元気でおれるだろうから、素晴らしい時代を生きてるんだ!!
もう休む間もなくお喋りをしているうちにはや二時間が過ぎた。夕方出てきたので早く帰らないと蚊が飛んできそうだ。刺されると大変。
又お喋りを楽しみましょうと自転車に飛び乗る。帰ってから気が付いた。頼まれたものを渡すのを忘れていた。小さいのでトートバックに入れたままだ。彼女もすっかり忘れていたのだ。何をしに行ったのやら・・・。帰ってから電話で大笑いだ・・・。
徒然日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »